トップページニュース>安川情報システムの故障予知サービス「MMPredict」、設備や装置等のモータ専用モデルを提供開始

2018年8月8日

安川情報システムの故障予知サービス「MMPredict」、設備や装置等のモータ専用モデルを提供開始
お客様に合わせた3つのモデルを揃え、故障予知サービスの導入期間を短縮・より精度の高い予知を実現

IoTによるビジネス変革を推進している安川情報システム株式会社(本社:北九州市八幡西区、代表取締役社長:遠藤 直人)は、同社が提供するAIを用いた故障予知サービス「MMPredict」のモータモデルを開発。8月20日より提供を開始いたします。これにより設備や装置等のモータの動きから、装置の故障を精度高く予知できるようになります。(※1)

故障予知サービス「MMPredict」ではこれまで、装置単体の故障予知を行う「プロダクトモデル」、さまざまな装置等を組み合わせたユニットやプラントを統合的に監視・故障予知する「プラントモデル」を提供してきました。ですがこれらの既存モデルは、データが秒単位以上で変動するものを対象としていたため、データがマイクロ秒(100万分の1秒)単位で激しく変動するモータでは異常を適切に捉えられませんでした。そこで今回、短い周期で収集したデータを現場に設置するエッジPCで加工した後、一日に数回、クラウド上で当社独自のモータ専用分析アルゴリズムを用いて故障予知を行う「モータモデル」を開発。このアルゴリズムを標準搭載することで、お客様専用のアルゴリズムの初期開発が不要となり、短期間で故障予知サービスを導入することが可能になりました。(※1)

故障予知サービス「MMPredict」シリーズの最大の特長は「使いながら育てる」ことができることです。特許出願中の「知見追加学習機能」を用い、AI分析結果に人の知見を追加して学習させることで、分析に用いる正常モデルを強化し、予知の精度を向上。長く使うほど、お客様向けに最適化されたモデルへと成長させることができます。また、異常ではなく正常状態をモデル化して故障予知を行うこのサービスを導入いただくことで、リードタイムを短く、初期投資を低く抑えることができます。

このようなAIを用いた高度なデータ活用システム導入のハードルを低くすることで、IoTで蓄積したデータの活用を進め、お客様の競争力強化を支援して参ります。



※1 「MMPredict」モータ版は標準搭載した独自のモータ専用アルゴリズムを使用しますが、すべてのモータに適用可能とは限りません。そのため導入前には、アルゴリズムが適用可能かの事前調査が必要です。

関連リンク

故障予知サービス「MMPredict」

本発表に関するお問合せ

安川情報システム株式会社
マーケティング本部 マーケティング企画部
電話 :(093)622-6139
FAX :(093)622-6117


フォームからのお問い合わせ