安川情報システム株式会社

トップページ製品&ソリューション>MotionWire StarterKit

MotionWire StarterKit

  • この製品に関するお問い合わせ

製品情報トップ

  • メカトロリンク協会
当社はメカトロリンク協会の幹事会社として活動しています。

スタータキットがMECHATROLINK対応機器開発を強力にサポート

概要

  • MECHATROLINKネットワークを簡単にセットアップ
    スタータキットはWindowsが動作するPCとPCIバス接続のインタフェースボードから構成されます。PCへのインタフェースボード装着、アプリケーションインストール等ハードウェアのセットアップが終われば、あとは簡単な通信設定だけでその他の複雑な通信設定は自動的に最適設定、すぐにネットワークが利用可能となります。
  • スレーブ機器開発に必要なマスタコントローラはこれ1台でOK
    スレーブ機器開発には対応するマスタコントロ−ラを全て用意する必要がありました。スタータキットはマスタコントローラとして発行するコマンドを自由に構成できるので、仮想マスタコントローラとして適用可能です。標準コマンドプロトコルはもちろん、独自プロトコルの任意のコマンドもコマンド定義を行うことにより簡単に追加できます。
  • ネットワークアナライザクラスのモニタリング機能を搭載
    スタータキットでは自身がマスタコントローラとして機能する利点を生かして指定局との送受信データをモニタリングする機能をインタフェースボード上にトレースモニタ機能として実現しました。トリガ条件を設定することでピンポイントでの通信ログ(最大約16Mバイト)を取得することが可能であり、ネットワークアナライザと同様に通信周期毎の通信データを収集できます。
  • スクリプトによる通信シーケンス制御を実現
    簡単なコマンドスクリプトにより最大21局のスレーブに対する通信コマンド発行を制御できます。通信試験など定型の通信シーケンスを繰り返し実行するときなどに威力を発揮します。
    ※ 最大接続局数は通信設定により異なります。

システム構成例

システム構成図

  • C1マスタ機器
ハードウェア: M-I/II通信インタフェースとしてパソコン内蔵可能なMotionWire専用MECHATROLINK Interface Boardを使用します。これにより非リアルタイムOS上から同期タイプのコマンドを発行する事が可能となります。
ソフトウェア : パソコンに内蔵したインタフェースボードの通信設定、MECHATROLINKコマンドの送信、通信データの表示等を行うWindowsソフトです。ユーザーがMECHATROLINKを理解しやすい構成となっています。
  • スレーブ機器
    MECHATROLINK対応製品の中から自由にご用意ください。
    MECHATROLINK対応汎用デバイスを含め全ての機器が接続可能です。
  • MECHATROLINKケーブル類
    MECHATROLINK-II対応ケーブル、コネクタの終端に接続するターミネータが必要です。
    ※ スタータキットには含まれません。別途ご用意ください。

トレースモニタ機能/通信設定機能/スクリプト実行機能

仕様

PC

PC/AT DOS/V 互換機
(NEC PC9821シリーズでは、動作が保証できません。)

CPU

Pentium II 300MHz以上

メモリ

128MB以上(256MB以上推奨)

ハードディスク

20MB以上空きディスク容量

解像度

XGAモニタ(1024×768 以上「小さいフォント」を使用)

色数

256色以上(65536色以上推奨)

OS

オペレーティングシステム・Windows XP SP1以上/2000 SP2以上

PCIバス

空きスロット1個以上

その他

CD-ROM ドライブ(インストール時のみ)


この製品に関するお問い合わせ
ページの先頭へ