トップページ製品&ソリューション>医療機器向け組込開発

医療機器向け組込開発

医療現場の各部門(画像処理、内視鏡、心電図、人工透析等)で医療機器の制御、通信、画像処理に必要なシステム開発を行います。
PACS開発やMicrosoft Windows上でのGUIアプリケーション及びコンポーネント開発、組み込み機器制御プログラム開発、 各種ドライバやプロトコルの開発が可能です。


開発内容

  • Windows上でのGUIアプリケーション開発
  • Windows各種コンポーネント開発
  • PC各種ドライバの開発
  • 組込み機器制御プログラムの開発
    (基板診断、BOOT、OSポーティング、ドライバ、ミドルウェア、 アプリケーション全般)
  • DICOMプロトコル開発

開発例: 画像処理システム

  • CR(Computed Radiography)画像と呼ばれるX線撮影された画像処理機器
  • 医療用画像を高解像度モニタにて診断する診断機器
  • 医療用画像を蓄積する大容量ディスク装置
  • CR画像/各種モダリティ(CT/MRI)医療用画像をフイルム出力する医療用プリンタ機器

機器間のインタフェースは、LAN(DICOMプロトコル他)、シリアル(各種プロトコルサポート)をサポートし、医療機器のネットワーク展開からHIS(Hospital Information System)へ繋がる開発への展開を図っています。

実績

  • 医療用画像処理関連機器
  • 医療用画像データベース関連装置
  • 医療用画像管理システムコンソール

CRシステムにおける開発実績と技術