トップページ製品&ソリューション>情報流出対策 Cyber Cleaner:基本情報

情報流出対策 Cyber Cleaner:基本情報

速効型!かんたん標的型攻撃対策、Cyber Cleaner


サーバをダウンさせ業務をとめてしまうDDoS攻撃、社内の重要な情報を引き出そうとする標的型攻撃など、組織の信頼性を大きく損なうサイバーテロの脅威を取り除きます。

概要

マイナンバー導入に向けたセキュリティ対策に

未知の脅威にも対応できる情報流出対策システムに、シンプルな構成の商品がついに登場。簡単な設置・設定で攻撃をシャットアウト。また、対策強化に向け、被攻撃状況もWeb上から簡単に確認できます。


  • 法人における導入イメージ
法人における導入イメージ
ネットワークの外側に設置することで、入口対策でDDoS攻撃被害を防止、また出口対策で標的型攻撃による情報漏洩を防止します。

脅威の大半を占めるのは海外からの攻撃。
普段取引のない外国を国別フィルタで選択するだけで、リスクを低下させることができます。

「Cyber Cleaner」はIPを持ちません。
既存のネットワークにケーブルをつなぐだけでOK。
既存設定の変更は不要です。

三層のフィルタでしっかりガード

お客様のビジネスに合わせたフィルタリングを実施できるよう、三層のフィルタをご用意しました。
必要に応じて、強度や方法を変更できます。

三層のフィルタリングでしっかりガード

※ シグネチャは、国立研究機関が収集した情報を元に自動で更新されます。

設置位置によって変わる、3通りの使い方

設置位置によって変わる、3通りの使い方
星1

ルータの上に設置

外部インターネットとのパケットヘッダを監視。
外部からの不正通信を遮断し、ネットワーク機器を保護すると共にスループット向上にも役立ちます。また、利用者の意図しない外部との送受信を監視・停止させます。


星2

ゲートウェイ直下に設置

外部インターネットからのネットワーク内機器全体への攻撃を監視。
ネットワーク利用者の意図しない外部との送受信を監視・停止させます。更に、記録されたLogから挙動不審なPCの特定に役立ちます。


星3

部門入口スイッチの上に設置

外部インターネットから部門内機器への攻撃を監視。
機器を保護すると共に、ネットワーク利用者の意図しない通信の送受信を監視・停止させます。組織全体で国別フィルタ等の実施が難しい場合、重要部門だけを厳しいポリシーで守ります。


まずは「見える化」で状況把握

「Cyber Cleaner」をゲートウェイの上位(上記「1」)に設置することで、お客様のネットワークへの攻撃状況を簡単に把握することが可能。定期的に状況把握を行うことで、適切な対策検討を行うことができます。


グラフ
↓
IPv4アドレス情報検索
↓ 【確認】やはり、カナダとの取引はない
国別フィルタ