トップページニュース>安川情報システムの「MMCloud」、「SORACOM」と連携

2018年5月9日

安川情報システムの「MMCloud」、「SORACOM」と連携
1回線からすぐ使え、リーズナブルな通信費の「SORACOM」の通信利用を容易にし、IoT活用の間口を広げる

IoTによるお客様のデジタル変革を支援している安川情報システム株式会社(本社:北九州市八幡西区、代表取締役社長:諸星 俊男)が提供するIoTプラットフォーム「MMCloud(エムエムクラウド)」が、株式会社ソラコムが提供するIoT通信プラットフォーム「SORACOM」と連携をしました。5月から同サービスと連携して「MMCloud」をお使いいただけるようになります。

「MMCloud」は、機器からデータを収集し、配置や稼働状況の把握・分析を行うクラウドサービスです。柔軟なステータス表示、異常データの検知、故障予測などの機能を有しているため、システムを一から開発する必要がなく、IoTをより手軽に実現いただけます。

「SORACOM」は、IoTに最適なセルラーやLPWAなどの通信を1回線からリーズナブルに提供、ウェブブラウザやAPIから回線の一括管理や、セキュリティ強化やクラウド連携など様々な設定を行うことができます。「SORACOM Beam」は、暗号化処理が難しいデバイスに代わって「SORACOM」側で暗号化処理を実施、インターネット通信の安全性を高めます。この度新たに追加された「SORACOM Funnel」の「MMCloud」への連携機能により、従来はデバイス側でドライバ開発が必要だったクラウド接続を迅速に実現できるようになります。

当社は「MMCloud」の使いやすさ向上のため、「MMCloud Ready」機器(お客様デバイスへの追加開発なしに「MMCloud」に接続できる機能を有する機器)を増やす取り組みを行ってきました。今回ソラコム社のサービスと連携することで、SORACOM経由で「MMCloud」の使用を希望されるお客様の使いやすさを向上するとともに、安全な通信と、より容易な接続手段を提供することができるようになり、お客様の選択肢が広がることになります。


  • 連携イメージ
    連携イメージ
当社は今回のサービス連携により、ソラコム社よりSPSパートナーとして認定されました。


【株式会社ソラコムからのエンドースメント】

この度の安川情報システム様とソラコムとのパートナーシップ強化を心から歓迎します。
安川情報システム様の、IoT/M2Mクラウドサービス「MMCloud」は、製造業の現場で培ったノウハウと、グローバル利用に対応しており、またクラウドサービスとして提供されているため、導入のリードタイムや初期コストを抑えて活用を始めることができます。
このたび、「MMCloud」が、クラウド連携サービス「SORACOM Funnel」の「Partner Hosted Adaptor」として新たに追加され、ブラウザからの設定で迅速にデバイスが取得したデータを「MMCloud」に連携し、可視化・分析することが可能になりました。
既にSORACOM認定デバイスとして登録されているIoT/M2Mゲートウェイ「MM-Link」シリーズや「MMCloud」と「SORACOM」の組み合わせが、お客様の日本はもちろんグローバルでのIoT活用を促進し、企業に新たなビジネス価値をもたらすものと期待しています。

株式会社ソラコム  代表取締役社長  玉川 憲 様

関連リンク

IoTクラウドサービス「MMCloud」

株式会社ソラコム IoT通信プラットフォーム「SORACOM」

本発表に関するお問合せ

安川情報システム株式会社
マーケティング本部 マーケティング企画部
電話 :(093)622-6139
FAX :(093)622-6117


フォームからのお問い合わせ