トップページニュース>IoTプラットフォーム「MMCloud」の基盤としてMicrosoft Azureを新たに採用

2018年4月11日

IoTプラットフォーム「MMCloud」の基盤としてMicrosoft Azureを新たに採用
Microsoft Azure上にIoTプラットフォームを構築することで、さらに多くの機器との接続が可能に

IoTによるお客様のデジタル変革を支援している安川情報システム株式会社(本社:北九州市八幡西区、代表取締役社長:諸星 俊男)は、機器から収集したデータの可視化・分析を実現するIoTプラットフォーム「MMCloud(エムエムクラウド)」の基盤として、日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム Microsoft Azureを採用しました。2018年4月20日から、Microsoft Azureを用いたサービス提供を開始します。

「MMCloud」は、機器からデータを収集し、配置や稼働状況の把握・分析を行うクラウドサービスです。柔軟なステータス表示、異常データの検知、故障予測などの機能を備えています。各種クラウド環境に対応できるクラウドサービスとして、今回Microsoft Azure上にも構築することで、お客様に以下のようなメリットを提供できると考えております。

  • 接続性の向上
    IoT通信で標準なプロトコルとなっているMQTT等に対応しているMicrosoft Azure上に「MMCloud」を構築することで、より多くの機器と接続でき、より多くのお客様に見える化や分析等の機能を提供することができます。
  • グローバル対応強化
    通信アダプタ「MMLink」シリーズ、通信回線、IoTプラットフォーム「MMCloud」と、グローバルなIoT活用をワンストップで支援する当社は、全世界でサービスを提供するMicrosoft Azureと連携をすることで、グローバルに活躍するお客様に、さらに安定したサービスを提供することができます。
当社は今回、Microsoft Azureのインフラストラクチャサービス(IaaS)上に「MMCloud」を構築し、サービスの提供を開始します。今後はデータベースやWebサービスなどのミドルウェアおよびランタイム等を提供する豊富なプラットフォームサービス(PaaS)との連携を進め、データ活用の最大化を進めることで、お客様への更なるサービス向上を図ってまいります。


【日本マイクロソフト株式会社のエンドースメント】

日本マイクロソフトは、安川情報システム様のIoTプラットフォーム「MMCloud」にMicrosoft Azureをご採用頂いたことを心より歓迎いたします。 製造分野において、本格的なIoT導入が始まろうとしています。通信アダプタから故障予知サービスまで、グローバルなIoTをワンストップで提供できる豊富でラインアップ、製造業におけるノウハウを強みとする安川情報システム様と機器との高い接続性やグローバルなサービス展開をするMicrosoft Azureが連携することで、日本の製造業の競争力強化に貢献できるものと確信しております。日本マイクロソフトは、今後も安川情報システム様との連携を深め、IoT市場の活性化によるお客様のビジネス変革を支援してまいります。

日本マイクロソフト株式会社
業務執行役員 IoTデバイス本部長  菖蒲谷 雄 様

本発表に関するお問合せ

安川情報システム株式会社
マーケティング本部 マーケティング企画部
電話 :(093)622-6139
FAX :(093)622-6117


フォームからのお問い合わせ