安川情報システム株式会社

トップページニュース>台湾桃園市訪日団が来社され、IoTに関する意見交換を行いました。

2017年9月8日

台湾桃園市訪日団が来社され、IoTに関する意見交換を行いました。

2017年9月7日、安川情報システム株式会社東京本社に台湾桃園市政府の訪日団が来社されました。

桃園市は台湾政府掲げる「アジア・シリコンバレー計画」の推進都市です。その主な取り組みの1つに「IoT関連ソリューションにかかわるソフト・ハード両面でのサプライチェーン構築」があります。

今回桃園市は、日台での産業連携によるIoT関連のイノベーション加速を図るため、情報収集・意見交換を目的に来日。その中で、早くからIoTに取り組んでおり、豊富なラインナップを有する当社を見学先として選定いただき、お越しいただきました。

当日は桃園市のご紹介をいただいた後、当社IoTソリューションのご紹介、IoTクラウドサービス「MMCloud」のデモを見学いただきました。デモ見学では、積極的にご質問をいただき、IoTへの関心度の高さを実感しました。

桃園市の皆様、誠にありがとうございました。


台湾桃園市訪日団来社その1 台湾桃園市訪日団来社その2
ページの先頭へ